柿の木と闘略

昨日の日記。

本日もお仕事

今日はCLR塗装部が盛り上がってましたね

塗装部のところに柿の木があり、柿がなっていた

仲間と話をしていると柿は枝を切って数を少なくすると、とても熟して美味しくなるらしい

柿がたくさんなっているので養分を与えきれないでまずい柿となってしまう

…と。

その瞬間、人生を柿の木で考えてみた

シエラルコーポレーション

4つの事業

CLR

マシンモディファイ

板金塗装

ロボット工学

会社経営

走り

ドリフト

グリップ

柿がたくさんなっているそのひとつひとつを

このまま現状のままだと、世の中の道理で柿の木と同じく熟せず美味しくならないのか?!

枝を切り落とせば、熟すのだろうか

いやいや枝はまだまだ切りたくない

柿をたくさんならして枝もたくさん、そこから全部を熟す方法を考えよう

道理を理解してこそ新しいステップを踏める

いい方法、最善の方法…

あったらぜひ教えてください

ではまた

広告を非表示にする