感謝本日、8月1日をもって、独立4周年を迎えることができました!

感謝本日、8月1日をもって、独立4周年を迎えることができました!

こんにちは。奥武志です。

2013年8月1日に、私は独立をしました。

おかげさまで、本日で、独立4周年を無事に、迎えることができました。

コンサルメンバーさん、セミナー受講生さん、アシスタントのみなさん、事業化仲間、身内、友人のみなさん、ブログやメルマガの読者さん。

これまで支えてくださったみなさま、本当に、本当に、ありがとうございます!

2016年の独立3周年のお祝い会にて

現在、世の中の事業の、生存率はこうなっています。

1年約40

3年約30

4年約20今ココ

5年約15

10年約6

少し前の統計なので、今は、もっと生存率が下がっているそうです。

なんとか、生存率20の4年を、無事に終えることができましたね。

次の5年は、約15。

いや、実際は、10ほどにまで、下がっているそうですが

まあ不安はなくはないですが、お客さまや仲間や、支えてくれている人に感謝して、甘えながら。

次の1年は、さらにアクセルを、もっと踏みこんでいきます。

あいかわず不器用だし、カリスマ性もないけれど、やりたいから、やります。

お客さまに喜ばれて、選ばれて、褒められて、嬉しそうな笑顔になれる人を、もっと増やしたい。

お客さまを幸せにして、自分も幸せを感じて、その幸せが日常にまで及び。

人生そのものが幸せになる人を、増やしたい。

青くさいし、偽善っぽいし、自己満足かもしれないけど、チャレンジしていきます。

共感してくださる方は、ついてきていただけたら、嬉しいです。

せっかくなので、先日、購入者さま向けメルマガで配信したお話を、こちらでもシェアしますね。

私がやってきたことを、ざっくりと振り返った、過去のエピソードです。

この過去のお話が、あなたの勇気やヒントになれば、幸いです

2017年2月、お客さまにサプライズで開いていただいた、誕生日会にて

センスや才能がなくても、結果が出た方法をお話します。

奥さんは、人見知りだったのに、なぜ担当になれたのですか?

奥さんは、どうやって、講師コンサルとして、成功できたのですか?

この2つは、奥が、よくいただくご質問です。

ハッキリ言って、今でも、人見知りです笑

それに、成功したとは思っていません。

奥より、売れている人なんて、それこそ、星の数ほどいますから。

ただ、多くのお客さまに囲まれていることは、本当にありがたいことです。感謝しかありません。

そこで、ホテルお勤め時代と、起業してからと、2つのケースで、奥が何をやってきたのか?

センスや才能がなくても、成長してくる過程で、何を考えて、どう行動してきたのか?お話します。

何かのヒントになったら嬉しいです。

少し長いですが、読み物として、面白いと思いますよ笑

ホテルパークハイアット東京お勤め時代のお話です。

新入社員時代は、お客さまと雑談のざの字すら、できませんでした。

何を話せば良いのか?どう会話を広げれば良いのか?わからなくて。

当然ですが、一歩先を読んだ気配りなんて、できるわけがありません。

ただ、あるときに、気づいたのです。

うまく話せない!ではなく、お客さまの話をじっくり聞けば良い!と。

できない理由より、できる方法に目を向けたら、見える世界が一変しました。

それからは、どんな質問をしたら、お客さまが話しやすいか?お客さまの話をどう聞いたら、心地よく話せるか?

これだけを考えて、接客するようにしました。

すると、お客さまは、楽しそうに話してくれて、仲良くなれたのですね。

また、スゴイ気配りを、自分で考えようとするのではなく、先輩がやっていることをひたすら、真似をしはじめました。

よく考えたら、人間は、真似から入るよなって気づいたから。

そのおかげで、接客への苦手意識は、少しずつ減り、数人ですが、ファンのお客さまができました。

その後、ルームサービスに配属されてから、次の転機がやってきました。

あるとき、ホテル内の公募で、担当バトラーになるための専門トレーニングの募集が、かかりました。

バトラーとは、厳密には違いますが、担当、ではなく、日本語で執事という意味です。

ただ、日本では、バトラーを依頼するのは、が多いのですよね。

ハリウッドスター、王族、石油王笑など。

が宿泊している間に、専属でついて、あらゆるニーズを叶える仕事です。

動くコンシェルジュ、と言えば、わかりやすいかもしれません。

ところが、そのトレーニングに、参加申し込みをしていたのは、華のある超一流のコンシェルジュなど、大先輩ばかり!!

ずっと気になって、募集の案内を毎日、チラチラ見ていたのですが

参加者の名前は、風のうわさで、聞こえてきます。

うわあ。あの人も申し込んだんだ。マジか。ちょっと場違いだな

こう思って、いつまでも、申し込むのを躊躇しました。

だけど、気になっている自分に、ウソをつくのが嫌になって、最終的には勇気を出して、申し込みました。

授業は、大変なこともありましたが

レベルの高い環境は、成長が大きいと、その時はじめて、わかりました。

その結果、そのコースを卒業して、担当になれました。

ある国のプリンセスを、10日間ほど担当したときは、毎日プレッシャーで吐きそうでしたが笑

チェックアウトの日に、手書きのサンキューレターを、直にいただき、涙がこぼれそうなほど、嬉しかったのを覚えています。

今の自分のレベルに合っていることをやるのではなく、ワンランク上の人がいる環境に、飛び込んだおかげでした。

人間は、良くもわるくも、環境に左右されて、生きています。

だから、新しい環境に身を置くことが大切ですね。

こうして、人見知りで引っ込み思案で、不器用で気が利かない私は、それを克服しようとするのではなく。

発想を変えたり、チャレンジしたことで、担当になれたのです。

才能やセンスなんて、関係ありませんでした。

気づけば、一流ホテルで11年も働けました。諦めなくて本当に良かった!そう思います。

ホテルから転職して、営業マンになったものの、悲惨な目に

2007年の大晦日に、ホテルを卒業して、営業マンに転職。

11年のキャリアを捨てて、一念発起!

意気揚と、新しい世界に飛び込みました。

が、超ウルトラブラック企業で、テレアポの携帯電話料金は自腹。

飲食店に契約をもらうため、毎日通いつめるも、その食事代も自腹。

お給料は、ホテル時代の半分になり、毎月、数十万円の赤字がつづき。

みるみる借金が増えて、クレジットカードの限度額いっぱいに

スーツがほつれても買い替えられず、ホチキスで止めて、革靴に穴が開いても、そのまま履いて、雨の日は靴下がビシャビシャに。

売上は、0円行進で、毎日上司に、詰められて、精神的にやられました。

売上どうすんの?今日どうやって売上たてるんだよ!

がんばって売れるなら営業いらねーんだよ!

売れるヤツが正義なんだよ。契約取れるまで帰るな!

そんな癒しの言葉が飛び交う、愉快な職場でした笑

もうムリ!と思い、上司に教わったセールスを一切やめて、営業先の人と仲良くなることだけをやったら、紹介をもらえるようになり。

紹介の連鎖が起きて、売上の部署最高記録を達成。

今のやり方でダメだから、他の方法に変えた。そうしたら、状況が180度、変わりました。

そして、とにもかくにも、お客さまと仲良くなることが、やっぱり大事!ということを、あらためて痛感しました。

が、やったー!!と思ったのもつかの間、お給料は1円もあげてもらえず、騙されたことに、やっと気づきました笑

ストレスと疲労で、心臓を患ってしまい、退職を決意したのです。

あることがキッカケで、起業することに!

六本木ヒルズにある、大型貸しギャラリーと、展望台のマネジメントする仕事に転職をして、統括マネージャーに転身。

あるとき、会社の経費で呼んだ、マナー講師の先生を見ているうちに、自分で仕事をする楽しさを、知ることに。

それまでの人生では、起業も独立も、1ミリも考えたことなんてなかったのに。

降ってわいたように、これだ!と確信。

接客のコンサルとして、副業で起業しました。

ブログが良いらしい!と聞いて、毎日毎日、1日3記事を書き続け。

1年で1000記事を、書いていたことになりますね。

でも、2年間、売上0でした涙

ブログのアクセスだけは伸びるも、売れない。

無料の相談はくるのに、有料になると、ピタッと誰からも連絡がない。

いま、思えば当たり前です。書きたいことを、書いていたから。

お金を払ってでも、教えて欲しい!と思えるものでは、なかったから。

ある方のコンサルを受けて、間違いに気づいたのです。

ニーズのないものは、どうやっても売れないと笑

そして、もう1つ、気づきました。

自己流をやめて、素直に教わることが大切だなあ、ということに。

その後、他にはない独自のポジションを作ろうと思い、接客業界専門のカウンセラーになりました。

でも、当時の日は、こんな感じ。

6時30分起床

9時00分本業の仕事開始

20時00分本業の仕事終了

21時00分出先で電話カウンセリング数件

1時30分家でブログ作成、メール返信

4時00分就寝

2、3時間睡眠の当時の生活は、もう二度としたくないです笑

でも、このケースでは、起業とは経営者になることで、社長、事務、経理、営業、広報、接客など、すべてをやるということ。

短期間で、なんとかしようと焦らずに、1つ1つ丁寧に、じっくり学ぶことが大事だと、痛感しました。

そして、ようやくサラリーマン年収の6、7割くらいまで、伸びてきて、2013年8月に、独立できたのです。

リピート接客コンサルタントがようやく、誕生。

ところが、お勤めをやめて、働く時間は増えたはずなのに、売上はサラリーマン年収と同レベルまで。

いえ、むしろ、自由な時間はどんどんなくなり、このままでは独立した意味がない

どうにもこうにも、伸びなくなって、他の方のコンサルを受け始めてから、講師コンサルタントに、戻しました。

カウンセラーの仕事は、とてもやりがいがあって、辞めたくなかったけど。

でも、当時、コンサルをお願いしていた方に、変えましょう!と言われたので、1月悩んだ結果、やめました。

教わる立場なのだから、まずは言われた通り、素直にやってみたのです。

ただし、普通の講師コンサルでは、埋もれてしまう。

そこで、必死に考えました。

何が求められているのか?そのニーズを。

そして、お客さまがファンに変わり、リピート率が上がる一流ホテル直伝の接客術という、他にはないサービスを作りました。

教わる立場とはいえ、ただのコピーロボットでは、意味がないから。

教わった通りに、素直にやりつつ、それプラス、自分でも頭を使いました。

これこれこういう理由で、ニーズがあるとわかったので、リピート80を超える接客法、という切り口はどうでしょうか?

良いですね。やってみましょう!

師匠に伝わるように、分析結果と理由づけを説明して、ゴーサインをもらいました。

もちろん、自分がやりたいことカウンセラーを捨てるのは、最初はイヤでしたよ。

でも、考えたのです。自分がやりたいことって、根本は何だろう?って。

そうしたら、気づいたのです。

人の成長を応援することや、寄り添いながら成果をサポートすることが、好きなんだよなと。

お客さまに喜ばれて、選ばれて、褒められて、嬉しそうな笑顔になれる人を、もっと増やしたいのが、一番だよなって。

じゃあ、カウンセラーじゃなくても、手段は何でも良いんじゃないか?と思ったのですね。

ニーズのあることで、自分の思いも叶えられることは何か?を考えた結果、今の仕事にたどり着きました。

やりたいこととニーズ。両方を大切にした結果、難産でしたが、やっと自分の道が、見つかりました。

その後も、紆余曲折、試行錯誤をくりかえしてきましたが

おかげさまで、セミナー講師、コンサルタントとして、まだまだ小さいながらも、成功することができました。

かなりザックリで、実際はこの数十倍は、事件が起きてますが笑

大きな出来事にしぼって、お話しました。

あらためて振り返ってみると、本当に失敗ばかりでした汗

不安と戦ったり、悔しくて泣きそうになったり、自暴自棄になったり、まあいろいろありましたね。

でも、次の1年も、1人でも多くの方の笑顔を、幸せを、増やしていきたいなと思います。

次の1年は、さらにアクセルを、もっと踏みこんでいきます。

みんな、ついてこい!!!

2017年8月1日火奥武志より、みなさまに感謝をこめて

あっ!ホテル時代にどうやって成長できたか?その体験談は、こちらを読んでみてくださいね。