女声コーラスポエム

このブログは愛知県豊田市で活動している女声コーラスポエムのメンバーに向けて書いております。ご了承ください。

ですが、どなたもご自由にお立ち寄りいただき、存分にいいね!を押してくださいね。

偉そうなこと書いてますが、ブログ主はちょっと声楽をかじっただけのただの素人です。ここは一つアドバイスでも!と思われた読者様はコメントお願いします人

行ってきました

最後のグループだけ見逃し。それでも3時間以上は聞いたんだから、長いよ

前回聞いたのは4、5年前、だったかな?その時は喉で押してキンキンした声のグループも割と多かったような気がしますが、今回はなんだか随分と趣が変わっていましたよ。

キンキン声が鳴りを潜めて、フワフワと漂う感じの声が増えていました。きれいだけど、息を詰めて耳をダンボにしていないと聞こえないような

確かに混ざりやすい声ですけどね。

どのグループもフレーズ感はバッチリで、これはポエムも見習わないと

ポエムの参考になることと言えば

まず呼吸

呼吸のたびに肩が上下する人なんてあまりいませんね。

肩首の近辺唇、力みがない

遠目でしたからハッキリとはわかりませんでしたが、ポエムのように力みまくってる人だらけのグループはありませんでしたな。

姿勢も。顔が前に突き出てるとか、膝がガクガク揺れてるとか、いませんよ

アルト系の地声はいない、ような気がする

これは当然

いいですか、当然なんです

喉で押したようなキンキン声の方が多少いましたけど、ポエムのような地声で無理矢理歌ってるグループはいませんでした。しかもアルトなのにかなり高音も美しいグループが多かったですね。地声じゃ無理だわな(っ)

聞きあう

なんでこの数年でこんなに変わったのか不思議なんですが、原因はおそらくプチクラさん。たった7人ですよ指揮者いないのに息ぴったり。これは相当注意深く聞きあってなきゃやれません。で、音楽がしっかり流れるというか前に進むというか。

あのグループと毎年同じ舞台に立つわけですから、そりゃ歌う方も指導する方も良い刺激になるでしょうよ。

コーラスさんの変身ぶりもその辺が理由じゃないかな?キンキン声が一人もいなくなったもん、ビックリですよ。この間のロビーコンサートではソプラノで一人悪目立ちしてる方がいたけど、昨日は消えてたな。もしかしたらホールの響きに助けられたってのもあるかも

やっぱり上達のコツは良い演奏を聞くことだよな

声が溶け合う

これは一人一人が自覚して発声から直さないと無理ですけど、ができるようになればかなり違ってくるはず。各パート、響きで歌えてる人と向き合って歌う練習、最近取り入れてますけど、アレでとりあえずなんとかするべし

コーラスさんあれだけ変わったんだから、こっちもなんとかしてもらいたいものですが、いまだに発声練習は私に丸投げって私はただの素人なんですけどね()

ポエムは一人一人が好き勝手に歌って、しかもどの曲も文節ごとに止まっちゃう感じなんですよねぇ()

音楽ってのは、常に前に進まないとね

ここで一つ思い出したんで注意

プチクラさんと他のグループの大きな違いは声が前にも飛んでいること。

皆さん喉で押さない、上に響かせる発声に変わってきてはいますが、なんとなくモヤモヤっと漂うような声なんですよね。声が近いって先生がよく仰いますよね、アレです。芯がない。

プチクラさんの特にソプラノの彼女は透き通るような美しい高音を確かに上に響かせてますけど、それだけじゃないんです。ちゃんと声に芯があって前にも飛ばしてるから、まるでマイクを使っているかのように豊かに響くんです。

上に響かせるとか前に飛ばすとか、言葉にすると訳わかりませんね()

でも発声練習で拙いなりに見本やってるからポエムのメンバーはわかってるはずと信じたい

あ私もあんな透き通るような高音で歌いたいな

練習の記録はもうちょっとマシになってからにします。今は注意点だらけで長くなりすぎるんで。

まぁ自主練で言ってるし