高橋なんぐのお笑い授業

お笑い授業とは、お笑いのテクニックや話術を教えるものではありません。どんな環境でも、境遇でも、たとえ笑えない状態だとしても、どこか探せば笑える材料はあるんじゃない?という「お笑いの視力検査」みたいなものです。不登校の問題は当事者のみならず、家族や学校まで頭を悩ませています。それはどこか不登校は良くないことで、ちゃんと学校へ通うことが正解だと思い込んでいるからのような気がします。壮絶ないじめにあっていても、ちゃんと通うことが正解なんだろうか。自殺するまで通わせることが正解なんでしょうか。不登校こそ健全だ!そんな答えがあってもいいんじゃないのかなあ。笑いにとっての正解は、笑えることなんですが、困ったことに人それぞれ笑いのツボが様々で、答えはあるようでない。「空」みたいなものです。笑えない、笑える要素がない・・・けど、あるんじやない?よく見てご覧。ほら、あった。ないけどある。これがお笑い授業の神髄。新採用の先生の研修会で「お笑い授業」をすることなりました。男性15人女性15人のクラスを新潟お笑い集団NAMARAが担当しました。全員高卒です。授業開始いきなり30名全\xB0

漚鮹忙劵肇ぅ譴貌類譴泙靴拭▷屬燭世い泙茲螢曄璽爛襦璽爐鬚海海嚢圓い泙后弯刑陵僂寮萓犬燭舛良従陲郎◀任睨困譴蕕譴泙擦鵝▷屬い泙海両暍屬肋鐚韻任靴腓Δ\xAB?それとも非常識でしょうか?」ギューギューと壁に押し付けられ、壁ドンならぬ壁ギューの状態である女性が小さな声で言いました。「非常識だと思います・・・」「それはなぜですか?}」速攻で返しました。「それは、ここは用を足すところだからです」「ですから、ここで用を足そうと思っているのです。ちなみに、みなさんはここでどんな用を足したことがありますか?」と聞いたら意外と出てくるものです。化粧をする。タバコを隠れて吸った。仲間と密談・・・・。いまならトイレで食事する人もいるし、昔からいじめはあった。つまり、トイレもいろいろな活用があるわけです。かといってホームルームでの使用がベストかといえば、そうではないでしょうけど、思い込みの枠を外す体験として活用しました。新採用の先生たちにズラを被らせて、様々なキャラクターを演じてもらったり、先生や生徒、親の立場を変えながら三者面談コントしてもらったりとなかなか面白いカリキュラムだったと思います\xA1

◉臆辰靴神萓犬燭舛梁燭唎❶◆崋\xAB分を捨てられた」と感想を漏らしました。でもそれは、いつもの自分を捨てたんではなくて、まだある自分を発見したんだと思うのです。自分に「ない」ものでなく、「ある」ものを発見したのです。高橋なんぐのお笑い授業は、みなさんの中に「ある」ものを引き出す授業です。今から数年前の話です。私は人権擁護団体から中学校で人権の話をして欲しいと頼まれました。当日、担当者に「みんな人間は平等」なんだということを伝えて欲しいと言われました。みんな確実に死ぬということは平等だと思うけど、明らかに世の中不平等だから困ったどうしようと思いながら講演は始まりました。「中学生のみなさん!おはようございます。先生、生徒、そして保護者のみなさん!今日ここにいるみなさんは全員SEXの結果です。」と僕なりの平等観を開口一番ぶつけました。結果、僕は出入り禁止になりました。その後、後始末を含め、人権擁護団体からの依頼は高橋なんぐがやっております。大好評のようです。そしてこれも数年前のこと。まだ、いじめ見逃しゼロではなく、いじめ根絶といわれていた時のこと。ある中学校のいじめ根絶集会に呼ば\xA4

譴泙靴拭F鷸驒屬砲發錣燭觸顕颪禄猗漚❹修Δ箸Τ櫃辰燭任△蹐♢廚錣譴襪曚匹砲④辰舛蠅箸靴森柔丨膿修景❹△蠅泙擦鵑任靴拭◀△泙蠅砲眩農欧蕕靴ǂ辰燭里如∈埜紊冒輊召鰺蠅泙譴針佑呂海鵑覆海箸鮓世辰討靴泙い泙靴拭▷屬箸討發箸討矼採錣砲泙箸泙辰申顕颪世辰燭隼廚い泙垢❶△修發修眄萓己鈇❹い蕕辰靴磴覿橘骸爾砲い犬瓩❹△蠅泙垢靴諭∈F賸臆辰靴討唎世気辰進欷郤圓里澆覆気鵑ⓓ未辰討い覯饉劼砲發い犬瓩❹△襪犬磴覆い任垢ʔ▷廚箸海海泙馬辰靴燭蕾饐譴龍昱い楼柩佑粉兇犬砲覆蠅泙靴拭▷崟い涼罅△い犬瓩世蕕韻覆里法〻擬爾砲覆い錣韻覆い任垢茵廚覆鵑童世辰燭ǂ蕁△海譴泙任僚顕颪諒薫狼いⓑ飜気靴砲覆蠅泙靴拭◀發舛蹐麕佑禄估類蟠愡澆砲覆蠅泙靴拭8什漾△い犬瓩亡悗垢覦様蠅呂垢戮胴盒兇覆鵑阿ⅷ擷韻討Ľ蠅泙后B膵ド召任后\xA3 僕は大人気もなく、世の中のウソっぽいところに、つい過剰反応してしまいます。その点、高橋なんぐは冷静です。それは冷めているという意味ではありません。むしろ熱いです。熱く過剰反応より、冷静に適切な反応の方が伝わりやすいと考えているからだと思います。