ダイエットと食物繊維〜食物繊維の働き〜

食物繊維とは何でしょうか?食物繊維は、粗食飲料とも言われ、果物、野菜、全粒子全粒粉?ナッツ、マメ科食物にみられる複合糖質です。

食物繊維にはカロリーは全く含まれていないので、体重増加を引き起こすことはなく、体に消化されたり吸収されたりすることもありません。

むしろ、食物繊維は消化管の中の不要なものを体から排出する事により、消化や吸収プロセスの助けになっています。

食物繊維は水溶性と不溶性があります。

水溶性食物繊維は水を吸収し、胃や腸の中の脂質、糖質、コレステロールの吸収を遅らせます。この働きにより血糖値レベルを調整し、コレステロールや血圧を低くし、善玉菌の成長を促します。

ペクチン、ゴム質、そして粘液は多くの果物や野菜にみられるゲルを形成する食物繊維で、水溶性食物繊維のカテゴリーになります。

不溶性食物繊維はやや異なる役割を担い、腸を一掃し不要物を除去し、腸の秩序を改善します。

ナッツ、全粒子、その他多くの野菜に含まれているセルロース、ヘミセルロース、リグニンは全て水溶性食物繊維です。

簡単に言うと、水溶性食物繊維は吸収に関する役割を担い、不溶性食物繊維は不要なものを除去する役割を担います。

食物繊維の全体的機能は食物の消化吸収をコントロールして、更にデトックスにすることで体重減少効果を発揮します。