一流のセンターバックとは〜パート1〜

こんにちは

ディフェンス神ひろぽんです。

一流のセンターバックになる為に

覚えてほしいことがあります。

それは、

センターバックは主に、

ストッパーとスイーパーに

役割がわかれるということです。

そして今回は、

一流のストッパーについて

お話したいと思います。

試合中こんなことありませんか?

目の前の相手に縦パスが入ります。

トラップで剥がされる。

ポストプレーを自由にやられる。

前を向かれて失点に繋がる。

センターバックとしては

最も避けたいプレーであり、

相手にやられたら嫌ですよね?

そうならない為に

ストッパーの極意を教えます。

もし

この極意を知れば、

攻撃を完全シャットアウトし、

相手に恐怖心をも植えつけます。

その結果、失点ゼロで

負けることはなくなります。

いずれはスカウトの目に止まり

選抜にも選ばれちゃいます!

逆に

この極意を知らなければ、

相手に好き勝手攻撃され、

大量失点するでしょう。

そうなれば

仲間や監督の信頼をなくし、

試合にすら出れなくなります。

では、ストッパーの極意とは何か。

それは、

縦パスの入った場所と

その時、周りにいる選手の

人数の把握です。

まずは、場所についてです。

場所とは、

きつくプレスに行っていい場所

のことです。

縦パスが入った場所が

自分のゴールに近いのか、

遠いのかによって

プレスの強さが変わります。

遠い時、ゴールに直結する

プレイはされにくいですが、

かといってプレスが甘いと

起点を作られることなります。

ですから、ファウル覚悟で

強めにプレスをかけ、

攻撃を遅らせて

いったん陣形を整えます。

この時に取られたファウルは

戦略的ファウルといい、

プロの試合でも

よく観る光景です。

逆に近い時、

きつく行き過ぎるとファウルを取られ、

相手のフリーキック

チャンスを与えてしまいます。

フリーキックからの

失点の確率は、

10というデータがあります。

つまり10本中1本入る計算です。

いっけん少なく感じますが、

1点を争う試合の場合、

きわめて危険な確率です。

ですので、

自分のゴール前では

慎重に対応しなくては

なりません。

しかし、慎重なだけでは

まだ極意とは言えません。

そこで関連してくるのが、

周りの人数の把握です。

周りに味方の数が多い場合は、

周りと連携して

数的優位でボールを奪います。

逆に味方の数が少ない場合は、

前を向かせないことだけ意識し、

横パス、バックパスを選択させ、

味方の戻る時間を稼ぎます。

これこそが、

ストッパーの極意です。

では、前を向かせない為に

やることとはなんでしょうか。

それは、

トラップの瞬間に

プレスをかけること、

プレスをかけた際、

当たり負けない体を作ることです。

トラップの瞬間は

次のプレイを意識していて、

さらに、足元を見ています。

つまり、その瞬間だけは、

どんなにうまい選手でも

心身ともに不安定な状態です。

だから、その時を狙いましょう。

当たり負けない体を作る為には、

筋トレではなく、

体幹を鍛えましょう。

日本代表の長友選手は、

体幹トレーニングにより、

小さい体でも大きい人に

当たり負けない体を作りました。

体が大きくても小さくても、

たとえサッカーが下手でも、

この極意を覚え、実践すれば

誰もが一流のストッパーです。

まずは、

外を歩く際に、すれ違う女性の数を

範囲を決めて数えてみましょう。

人を分類して数える癖をつけると

試合中でも常に人を観察し、

対応力が身に付きます。

身近なことですが、

一流のストッパーへの

第一歩になりますので

試してみてください。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。